BLOG

吉祥寺で体調管理をお考えなら

2019/01/04

吉祥寺で体調管理をお考えなら、毎日10分の活元運動と、月に1~2度の整体は如何でしょう?

 

今年の課題は何でしょうか?

5〜10分で出来るもので良いので、毎日行いましょう。

365日続けてみると、他の色んなことも進歩していることに気がつきます。

歳の終わりに素晴らしい実りが得られるよう、自覚を持って日々過ごしたいものです。

※ 課題が見つからなければ、整体の関連で云えば、1日10分の活元運動や、5〜10分の合掌行気等々。

1日10分でも、1年では約60時間。2日半にもなります。

 

冷えと乾燥の1月ですが、“寒の水”を飲む時期です。

暖房の効いた室内や、湯船につかったときなど、体が温かい状態で水を飲みましょう。

受験生は手近に水を置いて、少しずつ回数を多くして飲み、また肘を冷やさないことが、頭の働きを良くするコツです。

体が渇くと、口の周りが渇いたり、体が痒くなったりします。

また胃痛の原因が、体の乾きに依ることも多いので、思いあたるときは、水を飲んでみましょう。

乾燥の初期には首が捻れ( C3,4: 頚椎三、四番 )、進むと胸椎の異常( D5,10 : 胸椎五、十番 )、さらに腰椎へと移行します。

D5,10への愉気が有効です。

 

又この時期は、呼吸器や心臓の異常で体調を崩す人が多いので、注意が必要です。

風邪も、症状が重くなりがちなのて、気をつけましょう。

もし風邪をひいたら、温かくして水を飲むことと、外の風に当たらない様にしましょう。

子ども達はお休みでもあり、お餅などの食べ過ぎが小児喘息の引き金になる事もあるので、気をつけましょう。