BLOG

引く風邪や咳でお悩みなら、吉祥寺の当院へ

2019/01/09

長引く風邪や咳でお悩みなら、吉祥寺の当院へお越し下さい。
インフルエンザの流行りだしたこの時期、長引く風邪や咳も、早めに治しておきたいものです。
体力を消耗しますし、仕事や勉学にもマイナスの影響が大きくなります。
風邪や咳が長引く場合、大抵背中の上の部分がこわばっています。
あと、野口整体では、風邪ならL1(腰椎一番)、咳なら呼吸活点(L5:腰椎五番の近く)の処置をします。
背中の上の部分のこわばりを取るためには、温めることも1つの方法ですが、よく愉気をして緩めることが大事です。
椎骨の捻れや飛び出し、あるいはこわばりを取る事は、早めに回復するために必要なことです。
もし、身体があまり辛くなければ、入浴で早めに改善することができます。
一般的に、風邪の時にはお風呂は控えますが、入浴で悪化なるのは、いつもと同じ方法でお風呂を使うからで、入り方を変えることで、逆に改善法として使えます。
大事な事は、湯船につかるのは1度だけにするということです。
頭はなるたけ洗わないようにして、皮膚も刺激するのは良くありません。
(気持ちよく感じる範囲内で、少し温度が高めの湯船につかって身体を温め、湯船から出たくなったらお水を少し飲みます。
数秒ほどするとまた湯船から出たくなるので、出てすぐに体を拭きます。
できれば脱衣所は、暖めておくのが良いです。
また特に体幹部を、外の風に当てないように気をつけます。
風邪をひいたら温かくして水を飲む、これだけは覚えておいていただきたいと思います。