BLOG

リウマチの痛みでお悩みなら、吉祥寺の当院へ

2019/02/13

リウマチの痛みでお悩みなら、吉祥寺の当院へお越し下さい。

朝晩の冷え込みの厳しいこの季節は、リウマチや冷え性の人にとっては、対応の難しい時期です。
リウマチの人は、暖かい季節はわりと症状も和らぎ、汗が出るようになると、痛みも緩和しますが、なかなか汗が出てはくれないのが、対策が難しい所以です。
発汗の誘導には、D5(胸椎五番)やD10(胸椎十番)の愉気や、それの効果が見られなければ、D8(胸椎八番)の愉気をします。
また下肢裏側の硬結を取ったり、硬い筋を緩めることも効果があります。
脊椎そのものではなく、背中に細く硬いピアノ線のようなスジがあれば、それも忘れずに緩めておきます。
夏の暑い時期には、症状が和らぐという人が増えますが、寒い冬のこの季節には、体の温まる鍋物や、入浴を上手に利用して、症状の緩和を図りましょう。
打撲の影響で症状が取れにくかったり、また症状が強くなったりすることがあるので、古いものも含めて、打撲の処置は必要です。
足湯をするのは、足を入れる大きめの器を用意したり、差し湯をする手間がかかりますが、慣れてくると、あまり面倒には思わないものです。
今は、体を温めるための便利なツールが色々とあり、着るものにしても、軽くて保温効果の高いものが手軽に手に入るので、利用しない手はありません。
要は、体を冷やさないように注意して、体が温まる飲食物を摂り、体を温めるツールや入浴を上手に利用することが、リウマチの症状の進行を止め、少しでも改善に向かわせるために、必要なことです。