BLOG

季節の変わり目を快適に過ごすには、吉祥寺の当院へ

2019/04/04

季節の変わり目を快適に過ごすには、吉祥寺の当院へお出で下さい。

ここ3日位の低温で、井の頭公園の桜は今度の土日まで保ちそうです。

暖かくなってきてL4(腰椎四番)の二側(指2本ほど外側)が緩んできました。
明るく食いしん坊の三種体癖の人は、風邪の終わりは下痢になりますが、L4の左右が均等になっていることが条件です。
三種体癖に限らず、足首や踵を調整しておくと、身体が上手く季節に乗って変化します。

肝臓異常で吐く人が多いのもこの時期ですが、肝臓の関連のD9(胸椎九番)だけでなく、D4(胸椎四番)の調整も必要です。
吐き気に加えてめまいがするようなら、メニエル氏病の疑いがあります。
C6,7(頸椎六番七番)の可動性を回復させるよう、上肢の調整をします。

またH5(頭部第五)が下がっているのは、必ず愉気して上げておきます。
首の硬さが取れますし、くも膜下出血の予防になります。

予防接種などの普及で数は減りましたが、麻疹や耳下腺炎、水疱瘡が増えてきます。
発育・成長のための大事な変動なので、冷やさないよう、また風に当てないよう、細心の注意が必要です。
結膜炎が増えてくるのもこの時期です。

人は誰も、1人では生きていけません。
活元運動は1人でも出来ますが、相互の運動での背中への愉気は、自分の手では出来ません。
日々ベストコンディションで過ごせるよう、1人でも多くの人に、活元運動と愉気を身に付けて欲しいものです。

この不景気に、政府はさらに消費税を上げようとしていますが、元号が変わり天皇も変わるのですから、(本当は下げるべきだと思いますが)せめて延期にしてほしいものです。