BLOG

マルクスの資本論?

2019/06/12

電車のドアの広告で、漫画の「資本論」を紹介していました。
よく見ると、原作がマルクスの「資本論」と書いてあります。
旧ソ連邦は、マルクス・レーニン主義でやってきて破綻して、そして崩壊しました。
「資本論」が間違っているから、上手くいかなかったのではないでしょうか?
そんな間違った理論を述べたものを、なぜ漫画にして読ませようとするのか、訳がわかりません。
多分この漫画家の中に、いまだにマルクスレーニン主義に対する憧れというか、信奉のようなものがあるのでしょう。
その昔太宰治が、「共産主義というのは、人間の心理を無視している」と書いて、その間違いを指摘していましたが、慧眼というべきでしょう。

マルクスやマルクスレーニン主義と共産党の関係、また旧ソ連邦との関係などを知らない若い人は、興味を持って読むのかもしれませんが、困ったものです。