BLOG

梅雨時のだるさ解消は、吉祥寺の当院へ

2019/06/16

梅雨時のだるさ解消は、吉祥寺の当院へお越しください。
梅雨の時期を快適に過ごすには、汗をかくことが一番ですが、屋内のジムなどへ通って運動するのならともかく、雨の中や、道がぬかるんでいるところをジョギングというわけにはいきません。

気温の低い日はまだ良いのですが、蒸し暑いとつい冷たいものを口に入れたくなって、その時は快感でも、後でだるくなったり、あるいは冷たいものの取りすぎで弱っている胃腸のせいで下痢になったりしやすいのもこの時期です。
よく下半身がだるいという人がいますが、一般的に腎臓の疲れであり、食べ過ぎや飲み過ぎによることが一番多いようです。
少し量を控え、また温かいものを摂るようにして、積極的に体を動かしたり、入浴で汗を流すことがその対処法になります。
ただ汗をかいた後、じっとしていたりエアコンの効いた場所に行くなら、汗をよく拭いたり、あるいは着替えたりする必要があります。
運動してどんどん汗をかいているうちは構いませんが、その後あまり動かない状態になれば、かいた汗で体が冷えたり、あるいは老廃物としての汗が皮膚を通して一部入ってしまう、汗の内攻という現象が起きます。
これはぜひとも避けたいことなので、汗をの処理という事は、ぜひきちんとしていただきたい事です。

調整点としては、発汗のためのD5(胸椎五番)やL1(腰椎一番)、又D8(胸椎八番)

肝臓や腎臓のD9.10(胸椎九番・十番)も大事な処です。