BLOG

名前に恥じない記事を書きましょう

2019/08/05

世の中には、親につけてもらった自分の名前に誇りを持たず、名前の意味について考えてみようともしない人がいるようです。

日経新聞の上杉素直なる人は、MMT理論で高名なケルトン教授の講演を、会場で直に聞いたにも関わらず、MMTについて、
「政府の借金が膨らむのに無頓着なMMT」
「湯水のごとく財政出動を膨らませる」
「国債を無限に発行できるわけはない。」
などと、嘘を並べ立て、MMT潰しのプロパガンダをやりたい放題です。

人間、特別立派である必要はないと思いますが、ここまで堕ちてはいけません!

広く理解され、実行されれば、低迷している日本経済の救い手となるMTMを、貶める印象操作を繰り返すのが、経済新聞なのですから困ったものです。

テレビも新聞も、日本のマスコミはほとんど反日勢力に乗っ取られたようなものですから、経済についても、日本が弱体化するようにあらゆる手段を使ってプロパガンダを行なっています。
嘘と承知で繰り返す上杉氏は、出世が欲しいのでしょうか?
あるいは、緊縮財政を金科玉条のように掲げ、国民の生活などどうでも良い財務省から、お褒めの言葉でも戴けるのでしょうか?

素直氏にはいま一度、己の良心と“素直”という名前、そしてそう名付けてくれたご両親のお気持ちと、しっかり向き合って欲しいものです。