BLOG

眠くて仕方がない人は、吉祥寺の当院へ

2019/09/12

眠くて仕方がないときってありますね!

きちんと睡眠を取ったのに、昼間眠いという事はあります。
原因はいくつか考えられますが、まず後頭骨をきちんとすることが大事なことです。

前頭骨が下がっていても余分に眠くなりますが、その人の顔をよく見ると、そうなっているのが分かります。
この場合は、頭部の反対側と合わせて、下がった前頭骨を上げるようにします。

また肋骨の、特に左側の筋肉が硬くなっている場合も眠気につながります。
この場合は、肋骨に沿ってそのこわばった筋肉を緩めます。

もう一つの場合として、鼠蹊部の付け根が硬くなっていると、やはり眠気につながります。
自分で解消する方法としては、正座をしてその硬い部分の左右に自分の親指をそれぞれ当てます。
その状態で深くお辞儀をして、上体を起こすときにその部分を床に向かって強く押さえながら上体を起こします。

ご自分の場合がどれに該当するのか、実際に確かめておやりになってみてください。