BLOG

冷え対策には愉気を

2019/09/22

冷え対策が必要な気候になりました。

今年は秋の訪れが早いように感じますが、それ故に身体の冷えの問題が気になってきます。

手のひらや足の裏を冷やすと、夏の暑さ対策になるのと同様、手のひらや足の裏を温めると、冷えの対策になります。
私自身も経験があるのですが、警備員として秋〜冬に、夜の道路の交通整理をするときは、冷え対策に靴の中にホカロンを入れて温めている人もいます。

女性に多い冷え性の悩みですが、手軽にできる対処法として、下腹部への愉気(ゆき)をお勧めしています。
お腹の左右の卵巣のあたりに、それぞれ左右の手のひらを当てて、気を通します。
難しいと思われる人は、ただ手のひらを当てるだけでも大丈夫です。

仰向けに寝て行なうと、腕がだるくなったり途中で眠ってしまうので、例えば肘掛け椅子に腰掛けてされると良いと思います。

掌をあてていると、だんだん下腹部が温まってきますが、そこで止めずさらに続けていると、そのうち下腹部が汗ばんできます。
汗ばんだら、そこで止めて結構です。
1日に1度でよいので、特にこの時期は効果が大きいので、毎日されることをお勧めします。

「お陰さまで冷え性がすっかりなくなりました」という嬉しい声も、複数の方からいただいていますが、効果の大きさは当然個人差があるようです。
ただ幸い、全く効かないという声は、未だにありません。

簡単な方法ですが、大事な事はとにかく実践することです。
そして継続して下さい。