BLOG

10月を快適に過ごす為に

2019/10/03

  台風18号は熱帯低気圧に変わりましたが、明日の夕方くらいまで影響がありそうです。

関東地方は、少し雨が欲しいところです。

 

骨盤の緊りが完了する月ですが、肝臓肥大などがあるとうまくいきません。

熱の出ない風邪が続き、咳が長引いている場合は、要注意です。

また腸骨縁に脂が付いている場合も、うまく骨盤が緊りません。

それ故、対象となる身体に対しては、肝臓の調整や踵骨縁その他の脂を取ることが必要になりますが、S2(仙椎二番)に脂がついているときは、まずこれを愉気して取らないと、上手くいきません。

ついでに後頭骨の脂を取っておくと、頭がハッキリしますが、高齢者にも有効です。

 

後頭骨や腸骨に脂がついた状態が続くと、考えと行動が一致しない傾向が強くなります。

また用事があって何処かへ行って、『あれ、何しに来たんだっけ?』などというのも、脂の付着が原因です。

 

S2の脂をまず取るべきなのは、次の工程をスムーズにするためですが、放っておくと匂いや味の感覚が鈍り、また不妊の原因にもなります。

 

ついでに云えば、足の甲が冷たいのは、身体が季節に適応できていないからで、早めの調整が必要ですが、その人が体調不良の場合は、下手に触ると悪化するので、触れないのが無難です。

 

また胸の厚さの左右差があると眠りが浅くなるので、厚さを揃えておきます。

 

味覚の秋ではありますが、夏の疲れが肝臓や腎臓に影響を与える時期でもあるので、暴飲暴食や夜更かしを避け、身体に休息を与えましょう。

その後の集中に備えて。