BLOG

ジャムは手作りに限ります

2019/10/09

イチゴジャムを始め、今の時期ならいちじくジャム、またブルーベリーや李など、いろんなジャムを手作りしていましたが、その美味しさは既製品の比ではありません。
美味しくて、ついついたくさん(パンなどに)付けてしまいます。

しかしそれなりに手間がかかるので、1年くらいサボっていました。
イチゴの残留農薬の種類が、果物で1番多かったという発表も、ジャム作りの意欲を削ぎました。
何といっても、作るのはイチゴジャムが1番多いので、他のジャムを作る意欲も削がれてしまいました。

ただ時々行くお店で生のスモモを売っており、買おうとすると「加工用だけど、生でも食べられますよ」と言われました。
ジャムはずっと作ってなかったのですが、“生でも食べられる”という表現に、『生じゃぁ美味しくなさそう』と思い、思い切って、初めて李のジャムを作ってみました。
予想をはるかに超える美味しさでした!

また作ってみようと思ったものの、なかなかお店には入ってこないらしく、それきりになりました。

しかし、いろんなジャムを試しても、まず甘すぎるのと、また味そのものに満足できず、また久しぶりのジャム作りを決心しました。
この時期なので、とりあえずイチジクです。
一応ウェブで作り方を確認して、2パック買って3つは生で食べ、残りはジャムにしました。

美味しくできました!
甘すぎない、いつもの美味しいジャムです。
すべてのジャムで、使う砂糖はレシピの10分の1以下です。

キウイは生で充分柔らかいので、ジャムにするよりスライスして、パンに挟んで食べればいいと思います。

イチジクはそろそろ終わりなので、次は初めてのりんごジャム、それも紅玉のジャムを作ってみたいです。

クックパッドとか、参考にします。
ありがたいです。